スティッチ
IMG_0308OT
画像引用:http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/

上手!水で書くのはかなりすごいですね♪

大きなドナルドダック!
6910307
画像引用:http://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_e35/mirainikki/6910307.jpg

風船で空を飛ぶプーさん
blog_import_4d95e11461d81
画像引用:http://blog-imgs-44.fc2.com

可愛いプーさんまで書いちゃいます♪

ピグレット
blog_import_4d95e114bd927
画像引用:http://blog-imgs-44.fc2.com
プーさんと同じ100エーカーの森の仲間。
こ豚のピグレット!
ポーズが可愛いですね♪

イーヨー
846250
こちらも100エーカーの森の仲間、
ネガティブなロバ「イーヨー」
けっこう難しそうですが、イラストを見ながら書いていたそうです。

ミッキー&ミニーのイラスト
20090227_546129

<スポンサードリンク>

20090227_546130
画像引用:http://newlife2006.jugem.jp/?eid=379
ミッキーとミニーが鼻をくっつけているのが見えるでしょうか?
しっぽがハート型になっているのもいいですね~♪
その時にしか見れない貴重なイラストです^^

描いているのは資格をもったスタッフさんだけ

maxresdefault
http://i.ytimg.com/vi/CMfA_SL-9lQ/maxresdefault.jpg
この水のアート、実は誰でも描けるというものでもありません。

「スイーピング認定会」で資格をもらったスタッフだけが水のアートを描いているそうです。
さすが夢の国。たくさん練習したんでしょうね^^
面白いです。

ちなみに、海外でもこの水アートをやっているらしいですが、
発祥は日本なんだそうです。

絵の描き方を教えてくれたのはミッキー?

スタッフさんが絵を描いているところを見ていると、やはり聞いてみたいのが「どのぐらい練習したのか?」ということ。
掃除用の箒でさらさらっと魔法のように描いているところを見ていると、「たくさん練習したんだろうな~」と思います。
描いているスタッフさんに聞いてみると、

「ミッキーに描き方を教えてもらったんです!」という答えが返ってきます。

さすが夢の国ですね~♪♪♪
この超貴重なパフォーマンス、見かけたら聞いてみてはいかがでしょうか?
動画はこちら

動画を見てみると、いかにサラサラと描いているかがわかります。

落ち葉でもミッキーが見れる

201205101526000

201205101526000

画像引用:http://art38.photozou.jp/pub/852/1703852/photo/134469445.jpg

こちらは水のアートよりも見やすい、落ち葉で描かれたミッキー!
ochiba
昼間はハートの形を真ん中に置いて・・・

ochiba2
画像引用:http://matome.naver.jp
夜には花びらで色が付いたハート、ミッキーとミニーの位置も反対になっています。
遊び心満点のトリビアですね~♪

入口は一つしかない

dsc01685
画像引用:http://syounanlife.cocolog-nifty.com/blog/images/2008/07/15/dsc01685.jpg
ディズニーランドの入口は、1つしかありません。
理由は「映画を途中から見ると面白さが半減してしまう」というこだわりから、エントランスから盛り上げる演出になっているそうです。

ディズニーランド内からは外の世界が見えないようになっている
20141122215205
画像引用:http://cdn-ak.f.st-hatena.com
ランドの中からは夢を壊さないため、樹木や建物の設計で外の世界が見えないようになっています。
外のビルや建物で夢を壊してしまわないように、とのこだわりなんだとか。
さすがディズニーですね!
オフィシャル・ホテルも、全て一定の高さ以下になるよう、ディズニーランドと契約しているそうです。

鏡がない
ディズニーランドには、自分を見て我にかえらないよう、鏡は設置していないそうです。
(トイレから少し離れた場所にはある)
化粧崩れを直したりする女性にはあったほうがいいと思いますが、どうなんでしょう?

じつは、まったく鏡を置いていないというわけではなく、
トイレと鏡の場所を分けて設置してあるそうです。

カチューシャや服の乱れを直すのにどうしても鏡は必要ですよね!
というわけでこのトリビアは50%嘘!

ディズニーキャラクターからサインがもらえる

ディズニーランドには80種類以上のキャラクターがいます。
そんなキャラクターたちがゲストとハグや握手などの触れ合いをするイベントを「グリーティング」と言います。
この「グリーティング」の時、パーク内を歩いているキャラクターにサインペン色紙を持っていくと、キャラクターサインを書いてくれるそうです!
20101002_24384
画像引用:http://omocoro.jp/kiji/3082/

パークで販売されている「サイン帳」や一般に売っている「色紙」がベストですが、
高ければスケッチブックでも大丈夫です。
普通のノートだと、紙が薄く、油性マジックで書くとインクが滲んでしまったり、次のページに文字が写ってしまう可能性があるので注意が必要です。

子供たちが手紙や写真撮影で混雑しているときは難しいと思いますが、チャンスをつかんでぜひ頼んでみてください。

ちなみに、ミニーちゃんやプルート、グーフィーなどは、
キャラクターが挨拶に来てくれるレストラン「ホライズンベイ」でテーブルに来た時に頼めば簡単です。
20100922_24088
画像引用:http://omocoro.jp/kiji/3082/

キャラクターは大きな手をしているので、持ちやすい太いマジックがおすすめです。

関連記事
ディズニーランドの誕生日&サプライズは何がある?

サインを貰うときに気をつけなければならないのは?

(Visited 21,473 times, 1 visits today)