<スポンサードリンク>

ディズニーのファンカストになるには?

ファンカストさんは「カストーディアルキャスト」というアルバイト!

ディズニーキャストにはアトラクションなどに乗るときの添乗員さん
アトラクションキャストと、
ファンカストなどの
カストーディアルキャストがあります。

募集は「東京ディズニーリゾート キャスティングセンター」などで行われています。
http://www.castingline.net/

ところが、ファンカストさんは実はアルバイトなので、ディズニーの正社員ではなく、「よその会社から派遣されている」という形式みたいです。

ファンカストさんになるにはもちろん「パフォーマンス」ができるかどうかが重要になってきます。

東京ディズニーシーで働くファンカストさんも、普段は「パフォーマー」や「大道芸人(クラウン)」として活躍していて、専属の会社から東京ディズニーシーに派遣されているようです。

現在活躍しているファンカストさんは、マジックやパフォーマンスができて、さらに事務所に所属している方が多いようですね。
子供の頃から独学でマジックを練習していて、イベントなどを調べて応募し、
事務所に所属したという経歴ではないでしょうか。
マジックやパントマイムの大会で優勝した方もいるので、早いうちからマジック、パフォーマンスの世界に入ったほうがいいみたいですね。


ファンカストになるには、大道芸人としてイベントなどに出演するのはもちろん、技術もいります。
・パントマイムが上手。
・パフォーマンスができる。
・声を出さなくてもゲストさんを楽しませられる。
・ゲストさんの動きに合わせて即興でパフォーマンスができる。
・ゲストさんの動きを予測してそれに合った音を出す。
・音がどこから出ているのかわからないように自然な動きをする。
などなど、素人にはとても真似できない動きをしてくれます。
まさに好きじゃなければできない職業ですね。

それでもディズニーのファンカストさんは憧れの対象。
「夢をもらった!」「僕もああいう仕事がしてみたい!」という方は、パフォーマンスの練習と共に、
大道芸やパフォーマンス系の学校に通う、会社に勤める、というのをおすすめします^^

ディズニーのファンカストは女性でもなれる?

ここまで紹介してきたファンカストさんは、みんな男性が多いようですね。
女性でもなれるのでしょうか?
ファンカストのファンの方は特に女性が多いので、女性の方でも「私もなってみたい!!」と思う人も多いはず。

実は女性ファンカストさんもいるんです!

それがこちらの方!

東京ディズニーシー唯一の女性ファンカスト「TAKAKUWA(高桑)」さん!!
普段はやはり男性が多いので、見かけるのはかなりレア!!

これを見ると、ファンカストには女性でもなれるということが分かってきましたね!^^

高桑さんは、同じファンカストで活躍中の小谷さんと「同級生」というユニットも組んでいるみたいです。

高桑さんがファンカストになるまでの道のりは、
静岡大学人文学部在学中に「シアタープロジェクト・シズオカ」に入所する、
など、やはりパフォーマンス系の事務所に入ったようです。

パントマイムの学校や会社って、なじみのない人にはあまりピンときませんね。
日本にもあるのかどうか調べてみました。

有名なのは「吉田明美パントマイム企画
pic_performer
画像引用:http://www.pantomimepro.com/

こちらはファンカストの「山田さん」も通っていた学校です。
もちろんちゃんとした学校に通うに越したことはないのですが、ファンカストさんの中には
学校に通うだけではなく、独学でマジックやパントマイムを練習していた方もいるので、「自分にもできそう!」と思ったらできるところから始めてみるのも良いですね!

「好きだからやりたい!」という気持ちが一番強いのだと思います^^

以上、ディズニーのファンカストになるにはどうしたらいいの?女性でもなれる?でした!

(Visited 37,683 times, 6 visits today)